パソコン資格の大分類

パソコン資格の大分類資格と一言で言っても、数え切れないほどさまざまな種類の資格があります。


資格の発行元によって大きく分類される「国家資格」「公的資格」「民間資格」
「ベンダー資格」の意味についてここでは説明します。

●国家資格‥国が実施する試験などによって、個人の知識や技能が一定の段階以上に達していることを行政が確認し、その結果として一定の行為を行うことを許可するもので、より信頼性が高い。


●公的資格‥国家資格と民間資格の中間に位置づけられる資格で、特別な権限が与えられるものではなく、受験者の実力を認定する性質のもの。


●民間資格‥民間団体や企業が、独自の審査基準を設けて任意で与える資格。
一定の能力を証明できると認知されている資格もあるが、社会的な評価のほとんどない物まで様々なので選択に注意が必要である。


●ベンダー資格‥IT製品の製造販売をしている企業やメーカーが、自社で開発した製品についての操作技術を認定する制度のこと。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0