人気のパソコン資格

人気のパソコン資格人気のあるパソコン資格は、試験会場の設定が多く受けやすい、知名度が高く資格価値がある、などの条件が揃っているようです。
また、パソコンスクールで受験対策講座が設けられていることが多く、受験しやすく、目標にしやすいようです。

●MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)
マイクロソフト社製Office製品を使用する技能のレベルを証明する資格認定制度です。
Office製品をいかに使いこなせるかを客観的に証明するもので、社内での評価がアップしたり、就職や転職の際に有利な資格としてアピールできます。
日本だけでなく世界規模で実施されているので、その資格は世界的に通用します。

●MOT(マイクロソフト オフィストレーナー)
マイクロソフト社製Office 製品に関し、正しい知識をもってインストラクションできる方の育成と選定を目的に実施されています。
時代の要請に応えたハイレベルなインストラクタの育成を目的に、マイクロソフトが厳しい基準を設けて認定するインストラクタの資格です。
単に機能や操作方法の知識にとどまらない、ユーザーが実践的に活用できるコンサルティングをも可能にするエキスパートの証明になります。


●日商PC検定試験(文書作成、データ活用)
日本商工会議所及び、各地商工会議所が実施する、企業実務に携わる人材を対象としたIT利活用技能の検定試験。
ビジネス文書の作成、取り扱いが問われる「日商PC検定試験(文書作成)」と、業務データの活用、取り扱いが問われる「日商PC検定試験(データ活用)」の2つの分野がある。
データ活用分野は、厚生労働省の若年者就職基礎能力修得支援事業の資格取得において選定されている。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0