就職、転職に有利なパソコン資格

就職、転職に有利なパソコン資格再就職のために、パソコンの資格を取ろうとしている方も多いかと思います。


知名度が高く、信頼のある資格を持っていた方がより有利でしょう。


数多いパソコン資格の中から、主婦の方の再就職、転職に有利なパソコン資格をピックアップしてみました。


●MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)
マイクロソフト社製Office製品を使用する技能のレベルを証明する資格認定制度です。
Office製品をいかに使いこなせるかを客観的に証明するもので、社内での評価がアップしたり、就職や転職の際に有利な資格としてアピールできます。
日本だけでなく世界規模で実施されているので、その資格は世界的に通用します。
最新版のMCAS(マイクロソフト認定 アプリケーション スペシャリスト)が出ましたが、認知度はMOSの方があります。


●P検(パソコン検定)
比較的入門的な資格でパソコンが使えることの意味合いに、複数のアプリケーションの操作ができるだけでなく、ちょっとしたパソコントラブルや日ごろのメンテナンスまでひととおりの基礎知識を持っていることが今後重要になってきます。
受験者の都合に合わせ随時受験でき、即日結果が分るのが最大の特徴です。


●ITパスポート試験
国家資格であり、認知度も高い初級システムアドミニストレーター試験が平成21年度春期試験で終了します。
初級システムアドミニストレーター試験に変わる試験として「ITパスポート試験」が平成21年度春期から実施されます。
ITパスポート試験は、情報技術の基礎知識を問う資格試験ですが、初級システムアドミニストレーター試験より難易度は下がった分、試験範囲は広がったと言われています。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0